アロマテラピー検定2級対策補足

こんにちは、遅くなりました

P41
精油についての基本的なことがら

精油の定義
・精油は天然の素材
・精油は有効成分を高濃度に含有した揮発性の芳香物質
・精油は各植物により特有の香りと機能をもつ
  アロマテラピーの基本となるもの。


精油の特徴的な性質

・芳香性・・強い香りを持つ
・揮発性・・空気中で蒸発する
・親油性・脂溶性・・油に溶ける


精油って?
・精油は、油脂ではない
・精油は、天然の有機化合物が集まってできたもの
・精油は、二次代謝産物
・精油は、100%安全ではない
・精油は、時間と共に変化する(劣化・酸化)

・精油には、精油ごとに独特の香りと効果がある

コラム
 精油の作用
鎮静作用:心と身体の働きを静め、リラックスさせる。
    イランイラン・オレンジ・ゼラニウム・ラベンダー

興奮作用:心と身体の働きを高め、刺激し活性化させる。
    ジュニパーベリー・ぺパーミント・ユーカリ・ローズマリー

リフレッシュ作用:気分転換や気持ちの切り替え
        オレンジ・ティートリー・レモン
バランス:ゼラニウム
殺菌作用:ティートリー・ユーカリ・レモン
抗ウイルス作用:ユーカリ・ラベンダー

精油のもととなる植物の芳香物質

精油は植物にっとてなに?  
   血液・汗。ホルモン


芳香物質の分泌腺
     抽出部位

 花:イランイラン
 花・葉:ラベンダー
 ・ゼラニウム・ティートリー・ペパーミント
                ユーカリ・ローズマリー
 果皮:オレンジスイート・レモン
 果実:ジュニパーベリー


植物にっとての芳香物質

種を存続させるための効果
誘引効果:芳香物質により、昆虫や鳥を引き寄せ
       受粉、種子を運ぶ。 
忌避効果:芳香物質により、昆虫や鳥を遠避け、
       苦味によって摂食されことを防ぐ。
抗真菌効果:カビなどの真菌の増殖を抑える
抗菌効果:菌の増殖を抑える

種子の発芽・成長をとめたり抑えたりする効果

汗のように芳香物質を蒸発させて
 自分を冷却し、強い太陽の熱から身を守る働き


芳香物質はホルモン・老廃物質ともいわれています。

参考資料 社)日本アロマ環境協会 アロマテラピー検定テキスト2級

明日は、精油製造法

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック