「香りが覚えられない」  嗅ぎ分けテスト対策

アロマテラピー検定1級対策講座 開講

11/7(土)より月2回土曜日 10:30~12:00
大和南教室 
 土曜日コース 全10回
   11/7・11/21・12/12・12/26・1/9・1/23           
       2/13・2/273/13・3/27       
         
    受講料 1回(単発受講)1,500円
         10回連続受講 15,000円→14,500円

       詳しくは近日中にアップします。

                
生徒さんより、「香りが覚えられない」
とのご質問を多くいただきます。


今日のブログの中に、香りを覚えるため(嗅ぎ分けテスト対策)の
キーポイントをいくつか書いておきました。
精油には、共通する香りで幾つかの仲間に分かれます。
たとえば「スー」とするもの、柑橘系のもの、甘い香り、好きな香り
だんだん抽象的になってきますが、
嗅ぎ分けテスト対策で必要なのは、
共通する香りで幾つかの仲間に分け、抽象的な香りの感覚
抽象的な香りの感覚=香りのイメージです。


実際、嗅ぎ分けテストでは、
似たような香りの仲間の中から1つの香りを選択するような
難しい問題はないとおもいます。たとえば、

嗅ぎ分けテスト用の香りは「オレンジ」
4択の問題に・オレンジ
        ・レモン
        ・ぺパーミント
        ・ゼラニウム   この香りは何ですか?
  というような問題が出た場合、オレンジとレモンは
同じ香りの仲間で私でも気持ちが高揚していたら、判断しにくい香りです。

私的予想としては
同じ問題 
4択の問題に・オレンジ
        ・レモン
        ・ぺパーミント
        ・ゼラニウム   この香りは何ですか?
と出題された時には、嗅ぎ分けテスト用の香りは
「ゼラニウム」もしくは「ぺパーミント」になるのでは


検定テキスト2級の第1章 香りに親しむ 香りのイメージ 
 もう一度、読み返してみてください。

同じような香りの仲間でも、瞬間に感じる香りのイメージは違います。
 香りのイメージは感覚的で抽象的な感性のようなもの、
精油の香りを感じた瞬間、思い浮かんだ感覚が嗅ぎ分けの秘訣に

同じような香り嗅ぎ分けは、

瞬時に浮かんだ感覚、イメージが大切です。


最後までお付き合い頂きありがとうございます。

よろしければクリックを」おねがいpekori*おじぎします!

↓  ↓   ↓



ペタしてね




いつまでも若々しく輝く貴女にエール


大和市アロマ・ヨガ・ベビマ・骨盤調整


大和市アロマ・ヨガ・ベビマ・骨盤調整



ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック